erinitaの日記

スペインバレンシアに留学中🇪🇸思ったこと感じたことオススメ情報などをつらつらと

経験から語る海外旅行での盗難スリ対策方法


f:id:erinita:20190207173419j:image

 

 

うきうきの海外旅行。
万全な状態で楽しみたいもの。


とはいえ海外人気観光地ではスリ盗難が多発していますし,その安全面も心配になりますよね。実際のところ,私も携帯スリにあった被害者の内の一人ですから。

 

 


対策法をご紹介する前にスリが多発している地域について。


警官の人曰く,ヨーロッパのパリ,バルセロナ, ロンドンやローマに加え, アメリカのニューヨークではスリが多発しているらしいです。 特にメトロ内が多いとのこと。


つまり, 世界的に観光地として有名な場所では観光客をターゲットとする盗難が多発しているということ。 ターゲットとして狙いやすい観光客が多く集まっているのですから 納得ですよね。


実際に私がバルセロナで携帯を盗まれて警察署に行った際には, 列ができていました。

 

 

 

 


ではどうすればいいのか?
ここでは対策法を紹介します。

 

 

1.ポケットに貴重品を入れない

日本みたいにズボンのポケットに貴重品を入れているのは, 盗んでくださいと犯人に言っているようなものです。


とは言え,洋服の外ポケットに入れるのもダメです。 私はバルセロナの地下鉄で電車を乗り換え,コートの前ポケットに携帯を入れていた 2.3分の間にスられてしまいました。ひと駅だから携帯も使わないしと前ポケットに入れていた数分の間の出来事でした。正直なにをしていたわけでもありませんが,全く気づかなかったです。(ちなみに一番スリが多発している場所は地下鉄です)


ですので外ポケットに貴重品をいれるのは避けましょう。内ポケットを使うのは良いと思います。

 


2.リュックを背中に背負わない

リュックを持つ時は前で持ちましょう。


友人で普通に背負っていた時, ポケットに手をかけられていることに気づいたから何も盗まれずに済んだという人がいました。ですが,一般的に気付くことは難しいでしょう。普通に背負うことはオススメ出来ません。スリ遭遇率上がります。

 

 

3.手提げバックは肩に掛けない

手提げバックは肩にかけるのではなく, 斜めがけにした状態でバックを前にしましょう。


肩にかけていてスられた場合,取り返すのは難しいでしょう。

 

 

4. 人通りの少ない通りを通らなければならない場合は十分に警戒する

友人で, 通りで携帯をいじっていた時に自転車に乗った男性に取られ, そのまま逃げ去られたという人がいます。 こうなってしまったらどうしようもありません。


人通りの少ない通りを通る時に,携帯を使うのは辞めましょう。バックの中にきちんと閉まい十分に警戒してください。

 

また友人に人のいない広場でケチャップスリにあった人もいます。液体をかけ動揺している間にバックから金品を盗まれたみたいです。

 

ですので人がいない広場や通りでは,目立つ行動,あからさまに観光客だと分かる行動を控え,警戒心をもった上で行動しましょう。写真をとってもらう時も人を選びましょう。

 

 

5.レストランの椅子にカバンをかけない

レストランでバックを置かなければならない場合は, 足元に挟むようにしておくか,膝上に置きましょう。


貴重品の入ったバックを椅子に掛けているのは非常に危ないです。

 

 

6.メトロでは扉付近ではなく,車両の中心部分の乗る

これはパリに二年住んでいた友人に言われたことです。


理由は,メトロ(地下鉄) の扉付近に乗っていたとし,メトロが動く寸前に何かを取られた場合 ,追いかけることも何も出来ないからだそうです。


スリが起きやすいメトロに乗る時は十分に警戒をすると同時に,列車中心部分に乗ることを心がけましょう。

 

 

 


さて,1から6までスリ対策方法を紹介しましたが, いかがだったでしょうか。


バルセロナの警察署で書記官をしている人曰く, アジア人の中でも特に日本人はスリに狙われやすいみたいです。 お金をもっているように見えるんだとか。

 

彼らのやり方も巧妙で,まさにその手のプロなのです。

 


せっかくの旅行を有意義なものにするためにも, 盗難やスリには万全の体制で気をつけてくださいね。

 

 

 

erinita

 

 

 

 

スペインが誇る世界遺産サグラダファミリア


f:id:erinita:20190120203456j:image


 

 

サグラダファミリア

スペインが誇る世界遺産です。

 

みなさんも一度はこの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

サグラダファミリアは、スペインの建築家ガウディによって建築された教会、

しかしながらいまだに完成してない教会です。

 

詳しくはこちらをご参照ください。

ja.wikipedia.org

 

 

 

 

Sagradafamilia駅 を降りるとすぐ目の前にそびえる荘厳な建築物

 

 

 

入場券は,なるべく早くから事前購入しておくことをおすすめします

様々なチケットがあり,塔,内部観覧,オーディオガイド(日本語音声あり)と全部込みの一番高いものが32ユーロほど。

 

チケットはこちらから購入できます。

www.sagradafamilia.org

 

当日券もありますが,スペイン語のサイトしか見当たらない他,値段も高く,時間予約制の塔の見学も出来ないためオススメできません。

 

 f:id:erinita:20190117230414j:plain

 

(ちなみに日本語のサイトはないため、日本語で購入したい方は日本の旅行代理店に頼みましょう)

 

 

 

内部の様子はこちら


f:id:erinita:20190118092814j:image


f:id:erinita:20190118092853j:image

 

そして内部のステンドグラスまでも美しい。

 

 

 

塔から見た景色がこちら。


f:id:erinita:20190120202251j:image

横並び出来ないほどの狭い螺旋階段を下っていきます。その途中で街を見渡せたり,教会上部分を近くで見れたりします。

 

とは言え個人的には,塔を見る必要はないかなと思いました。高額にも関わらず,教会をただ近くで見れるだけだからです。また狭い螺旋階段が非常に長いため,恐怖でした。

 

 

 

協会を見終えたあとは,地下の博物館でサグラダファミリア建設に至るまでの様子を見ることができます。様々なグッズで溢れるお土産やも隣接しているので,そこでオリジナルのお土産を買って見るのもいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

世界中から人が訪れるサグラダファミリア

圧巻の美しさに酔いしれる事,間違いないでしょう。

 

 



 

erinita 

 

 

バレンシアで発見!一番優雅な朝食をいただけるカフェSAVOIARDIへ


f:id:erinita:20190118211338j:image

 

 

スペインには、朝食文化があります。

 

というのも、多くのバルが朝早くからオープンしていて

スペイン語で朝食を指す、DESAYUNOを提供しているんです。

 

基本的な相場は2ユーロ

カフェコンレチェ(カフェラテ)とトーストもしくはクロワッサンがついてきます。

 

店によってはオプションで生絞りオレンジジュースがついていたり。

こちらも果実感があり、非常に美味しいのでおすすめです。

 

 

 

 

そしてカフェ(バル)巡りを始めて数か月。

バレンシアで一番優雅な朝食がいただけるカフェを発見しました。

その名も

 

SAVOIARDI

 

バレンシアの中心街,バレンシアきた駅から歩いて1分のところにあります。


f:id:erinita:20190118211503j:image

 

外観はこちら。

(ABBIOCCOと書かれていますが一階はSAVOIARDI CAFE です)

 

Desayuno francés 2.5ユーロ

bollería(菓子パン) または tostada (トースト)とお好きなcafé(コーヒー)を選べます。

 

ちなみにスペインのコーヒーの種類に関してはこちらをご覧ください。

 

www.erinita.info

 

 

 

 

 

f:id:erinita:20190117230735j:plain

(注文時に受け取るベル)

 

 

 f:id:erinita:20190117230622j:plain

 

菓子パンに関しては、ショーウィンドウからお好きなものをひとつ選べます。

 

 

f:id:erinita:20190117230931j:plain

 

この日は友達と二人で行きカフェラテ,ホワイトチョコクロワッサン,マスカルポーネチョコマフィンを頼みました。

 

 

ここのマフィン、とっても美味しいのですが

なんといってもクロワッサンが絶品。

 

 

とてもサクサクしていて甘さもこどよく美味しいのがSAVOIARDIのクロワッサン。

 

スペインに来て食べたどこのクロワッサンよりも美味しいと言っても過言ではないでしょう。

 

 

ホワイトチョコレートだけでなく、バタークロワッサン、チョコクロワッサンもありますが、どれも非常に美味しいです。

 

 

 

そして店内がこんな感じ。

 

 f:id:erinita:20190117231333j:plain

 

 高い天井に広々とした空間。充実したソファー席。

Wi-Fiも完備していて、言う事なしです。

 

 

 

 

そして地下のトイレまでも美しい。

 

最近にしては珍しく、男女境のないトイレです。

 

 f:id:erinita:20190117231721j:plain

 

トイレ横の豪華なドレッサー。

f:id:erinita:20190118091949j:image

 

ご覧の通り、カフェ内だけでなく、トイレといった箇所にまでも手が込んでいて美しさが感じられます。

 

 

 

こんなにも美しい空間で頂く絶品の朝食ですから、良い一日になること間違いなしでしょう。

 

 

 

バレンシアで一番優雅な朝食をいただけるSAVOIARDI

そこには一日を始めるにふさわしい空間があるのです。

 

 

 

erinita

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツベルリンを1日で制覇!

 

 f:id:erinita:20190115001922j:plain


ドイツベルリンを一日で制覇しようの旅。

 

ベルリンの中央駅、Berlin Hauptbahnhof駅からスタート。

 

基本的に歩いて移動できますが、ホテルまでの道のりも含めると、7€で1day乗り放題チケットを買うことをおすすめします。



①Edificio del Reichstagsgebaude

駅を右手に出て川沿いを進み、駅からあるいて五分ほどすると、連邦議会議事堂が左手にあります。昼以降は混んでくるため、平日の午前中に行くことをおすすめします。予約をすれば中を見学することも可能です。無料です。

 

ちなみにこのときはクリスマスシーズンということで大きなライトアップされた木が写真には写ってないですが左側に置かれていました。

 

ドイツのクリスマスツリーは本物の大きな木なんですね。


f:id:erinita:20181230025615j:image

 

 

②Brandenburg Gate


f:id:erinita:20181230025718j:image

 

①から歩いて二分ほどのところにあるのがこの門です。

 

ちなみに①と②は人気観光地。そこの間には、お金を募る女性がいて、紙に名前、郵便番号等を書いた後に寄付金の10ユーロを、ちゃんとした説明もなく、しつこく要求されます。もし行く際は注意してください。知らない人に話しかけられた場合は、基本的に無視するのが吉です。

 

 

 

③Memorial to the Murdered Jews of Europe


f:id:erinita:20181230030421j:image

 

ナチスヒトラー時代の犠牲者が葬られています。鉄造りの大中無造作に置かれたそれらからは、当時の冷酷な時代すらなんとなく感じられる気がしました。

 

ここの地下には、メモリアル記念館がありますが、セキュリティチェックが厳重に行われるため、列ができていました。行きたい方は早めに行くことをおすすめします。

 

 

④Mall of Berlin


f:id:erinita:20181230030546j:image

 

ベルリンモールはポツダム地区に位置します。最寄り駅自体は、Potsdamer Plazになりますが、③からそのまま徒歩で移動することが可能です。ポツダム地区かなり栄えているため、ドイツの中心部分を歩いてみたい!というのならここがおすすめです。

 

モールの中には、衣服店、小物雑貨店、スポーツ用品店だけでなく、フードコートも(3階に)あります。

 

そして1階にあるクレープやさんにはドイツ名物のクレープが!

こちら通常2.5€ほどしますが、ここではなんと1€でした。砂糖シナモン味で出来立てはもちもち、とても美味しかったです。

 

 

Sony Center


f:id:erinita:20181230030711j:image

 

飲食店もかたまっていて、ベルリンの人気レストラン(Lindenbrau)もここに位置します。唯一ここには日本語メニューがありました。

夜になるとイルミネーションがとても素敵なため、昼よりも夜のがおすすめです。

 

 

⑥Checkpoint Charlie


f:id:erinita:20181230030853j:image

 

ただの小屋にしか見えませんが、ここが実は昔の検閲場所。制服を着た男性と記念写真を撮ることができますが、5€かかります。

 

そして近くには、チェックポイントチャーリーの記念館もあり、お土産屋さんも軒を連ねてます。

 

 

⑦Gendarmenmarkt


f:id:erinita:20181230031003j:image

 

ベルリンクリスマスマーケットの中でも唯一入場料が掛かるクリスマスマーケット。ですがベルリンの中でもトップを争うマーケットがここです。可愛い雑貨店だけでなく、多くの食べ物屋さんや飲み屋が並んでいます。室内バルもあります。入場料大人1€です。

 

 

 

⑧Schloss Charlottenburg


f:id:erinita:20181230031151j:image

 

奥に見えるのがシャルロッテルブルク宮殿。小さめな宮殿はまさに物語に出てきそうな宮殿でとても綺麗でした。プロジェクションマッピングを常時やっていて美しさ割り増し。

 

この時期は宮殿前でクリスマスマーケットもやっていました。なかなか規模感も大きく、多くの人々で賑わっていました!

 

 

 

☆ドイツはところどころに屋台が出ているのですが,おすすめは curry worst! 日本語でカレーソーセージです。

ソーセージにケチャップ,カレーパウダーがかかったこちらはドイツの名物料理。

とても美味しいのでぜひ小腹が空いた際には食べてくださいね。

 

ベルリンの壁ですが,シティのあちらこちらで見ることができます。とはいえ,全容を見たい方にはイーストサイドギャラリーにいくことをオススメします。

 

 

 

以上,ベルリンを一日で制覇しようの旅でした。

 

 

 

Erinita

 

 

 

スペインバルセロナで年越し




f:id:erinita:20190107183732j:image

 

明けましておめでとうございます

お正月いかがお過ごしでしょうか?

 

バルセロナはスペイン1の都市。

 

年越しのときにはモンジュイック噴水前は毎年多くの人々で賑わいます。

 

 

 

ちみにスリには気をつけてくださいね。

人が多く集まるところでは多発していますから。

 

とはいえ私も被害者の一人です。笑

旅先で携帯を盗まれあたふたしていました。

この件に関しては後日記事にします。

 

 

私も今回初めての海外での年越し。

気合いをいれて友達と年越しに出掛けることに。

 

 

 

10時頃に行きましたが、かなり噴水の近くまで行くことができました。

 

10時から11時半まではポップミュージックがガンガン流れていて、噴水のところではミラーボールも回っているため、まるでディスコタイム。

 


f:id:erinita:20190104033452j:image

 

スペイン人はディスコテカが大好き。

踊っている人もちらほや居ました。

 

 

 

そして11時40分くらいからはカウントダウンに向けたショーが始まります。

 

噴水とプロジェクションマッピングのコラボ。

 

 

それがかなりクオリティー高く驚きました。こちらです。


f:id:erinita:20190104033130j:image


f:id:erinita:20190104033154j:image


f:id:erinita:20190104033553j:image

 

そして鐘の音が4回鳴り、そのあとに更に大きい鐘の音が12回なりました。

 

スペインではカウントダウンの際、12粒のuva(白ぶとう)を食べるのが伝統的。

 

わたしも鐘の音に合わせ、事前に買っていたuvaを12粒食べました。必死に(笑)

 

 

 

静かに鐘の音でカウントダウン。

 

 

 

そしてしばらくしたあとに、花火の演出も加わったショーが始まりました。

 

無料のクオリティーとは思えないほど美しく、感動しました。

 


f:id:erinita:20190104033300j:image

 


f:id:erinita:20190104033329j:image

 

 

 

 

 

人がこれほどまでに集まるのも納得したバルセロナのモンジュイック噴水前のカウントダウン。

 

 

 

これは一見の価値がありました。

 

いつかスペインで年越しをする機会があればぜひ行ってみてくださいね。

 

 

 

erinita